モニスタラッシュTOP

RSSはこちら



 【大鎌のトラップダンジョン】御倉P&D雑記【第2回】
 


どうも、御倉です。
前回からすこし間が空いてしまいましたが、PD日記の2回めです。

その前に、まずは大鎌のトラップダンジョンをご購入いただいた皆さん、ありがとうございました。

いろいろな感想等を頂いていますが、ひとまずはゲームのシステムについて概ね好感をもって受け入れていただけたようなので一安心しています。
細かい調整は、今後もテストチームが攻略レポートをしながらフィードバックを入れていく予定ですので温かい目で見守っていただけると幸いです。

イベントシーンついては、今回オークキャッスルと同じ方式(いわゆるご褒美イベント)としたことについてご意見も頂いておりますので、今後の作品作りに活かして行きたいと思っています。
(発売後の制作ミーティングでトラップダンジョン次回作についてもかなり活発な意見交換が行われました)

重ね重ね、お礼申し上げます。m(_ _)m



さて、そのような感じで今回のPD雑記ですが、前回の予告どおり「ストーリー」についてです。

物語の中身そのものについては作品を楽しんでいただくとして、この物語の周辺情報や世界設定についてなど。


●この世界の国とは

大鎌のトラップダンジョン(以後、大鎌TD)では、具体的な国の名前のようなものがダエモランドくらいしか出てきません。
先日ブログに投稿したザビーネの説明で「ハイランド」とされていますが、これはどちらも位置や状況を示したものです。

高地にある国なのでハイランド(High-land)、魔族の国なのでダエモランド(deamon-land)です。

そして女王の国(ハイランド)は魔王の国(ダエモランド)から西側にあるので、作中では「西の国の〜」と書かれています。
また森の東縁で起こっている小国との小競り合いに対応しているガモンも、特に固有名を出していません。

今のところ、この世界では国という枠組みについて具体的な固有名をつけるという習慣もないようで、国家の枠組みもそういう部分ではっきりとしていないところが多いわけです。
街や支配が及ぶ土地を支配する領主、豪族が点在し、街道のようなものが出来ていて交易や紛争を繰り返しているという場所がほとんど。

常人(コモン)と言われる、まあ一般的な人間種族は、この世界で個体能力では劣っているため集団化はしているけど、地上を完全に支配する程ではないわけです。
逆にいえば、集団化することで魔族、魔物らの脅威となっています。

国家の名称については、過去においても当てはまるというわけではなく、この周辺地域を治めていた古代の王国にはちゃんとしたあったようです。
しかし、現在の常人たちは、古代王国の遺跡から発掘される遺物を研究することで、その知識にかろうじて触れられるというレベルでしかありません。

わりと混沌とした状態が続いている土地柄ということでしょうか。
幸いというか常人が大陸を埋め尽くすほどの勢力を持っているわけではないので、領土拡大のような争いが起こりにくいのかもしれません。

そこへ突然、それまで組織化された大集団をつくるとは思われなかった魔族が国を興したのですから、周辺の豪族らは大慌てしたのは想像に難くないですね。

そんな魔族たちが呼ぶ「西の国の女王」といえば、数少ない王政を敷いているユイゲン家の家督を継いだザビーネを自然と指します。
ハイランドは王政ですが、過去はどちらかというと領主連合の盟主の意味合いが強いものでした。
しかし52英雄の一人であるザビーネが戴冠してからは、古代王国の前例に倣う形(わかっている限り)で官職が設けられ、法の制定もされたようなので常人の大国がふたたびこの地を治める可能性が出てきています。

おなじく52英雄でダエモランドを興した魔神皇ガイゼンとの関係がどうなるのかと注目されていた中で、今回の事件が起こったというわけですね。



●開拓者としての冒険者

多くの領主は農民や街を魔物から守ることには長けていますが、産業を発展させようという者は多くありません。
ですが、そこに街が出来て常人が集まり、豪族が領主となるにはそれなりの理由があります。

1つは農作物や漁業、鉱石といったような名産品があること。
1つは古代遺跡や迷宮があること。

主にこの2つになります。

常人たちの産業のほとんどは農工で、商家はそこまで手広く行っている人はいません。
というか出来ないというのが現状です。
交易で財を成せるほど大きな取引や産業を持った街が少ないことや、消費先がないというのが大きな原因でしょうか。
魔物の襲撃を防ぐための、大量の貨物を運ぶのも至難の業。

そんな中でも、各領地間の物流を支える一助になっているのが、いわゆる冒険者です。
もともとは、迷宮や遺跡のレア・アイテムを目当てに集まった冒険者が拠点間を移動するときに荷物を託された(クエスト)のをキッカケにして、いわゆるクランやギルドのようにして手数料を取って請け負うグループが出来上がりました。
そこから比較的時間をかけて、作中にも登場したランク付けが始まっていったという形です。爵位が使われているのは、古代王国の影響がある模様。
実際に冒険者が未知の迷宮を見つけて攻略し、古代の遺物をもとに豪族化していったという経緯も関係しているです。

ですので、冒険者は新たな産業(迷宮街)を探し出す開拓者(フロンティア)として、常人たちから見られています。
国家という枠組みが弱い分、冒険者組合のつながりは常人社会でそれなりの影響力を持っているのでしょう。
(悪政を尽くした領主を、アストリアが農民を率いて討伐したような流れはこのあたりから来ているのかもしれません)



少し長くなってしまったので、一旦今回はここまで。
次回も横道にそれたストーリーや世界観について書きます。


なんだか色々   :   2019/05/01 18:20   

 【FAQ】よくお問い合わせいただくサポートについて
 


Q:「リソースが足りません」「プログラムを実行できません」

A:2つのパターンがございます。

 (1)ZIPファイル展開時に実行ファイルが消えてしまうケース

マカフィーやカスペルスキー等のエンジンが誤検知でファイルを除外するケースがございます。
アーカイブ内に2つ実行プログラムをご用意してありますので、どちらかをお試しください。
また、「McAfee製セキュリティソフトをご利用の方へ.txt」に詳しい情報を記載していますのでご一読ください。
こちらのページでも記載しております。
https://msrush.com/blog/entry/blog-entry-20170524-0.html


 (2)「フォント(画像)が読み込めない」「起動して一瞬ウインドウが表示されて消える」ケース

ダウンロードしたZIPファイルが壊れていて、ただしく展開できていない可能性がございます。
いま一度、ご購入サイトからゲームファイルをダウンロードいただけますようお願い申し上げます。
サイトによってはデータ容量が大きいゲームは複数のファイルに分割されているケースがございます。その場合は、すべてのファイルが揃っていることをご確認ください。

また、未展開でプログラムを実行しているケースがございます。
これはZIPをダブルクリックしてWindowsの標準機能(エクスプローラ)で展開せずに書庫の中身を見る場合に起こりやすく、この状態で起動.exeを実行しても、その他のファイルは読み込めませんので起動いたしません。
エクスプローラを使う場合、「圧縮フォルダーツール」の「すべての展開」で書庫の内容をすべてSSDやHDD等へ書き出すようにしてください。






Q:ゲームの起動に時間がかかります。

A:ゲームの起動時にデータの一部を読み込んでいる関係で、セーブ数が増えると起動に10〜30秒程度の時間がかかる場合がございます。起動してスタートメニューが表示されるまでそのままの状態でお待ち下さい。









サポート情報   :   2019/04/29 23:32   

 【大鎌のトラップダンジョン】勇者キャラ紹介Dザビーネ【ヴォイスコメント】
 



それでは、勇者側最後のひとり、ザビーネのご紹介です。




●《女王》『ユイゲン・“フォーチューナ“・ザビーネ4世』

常人の国『ハイランド』の女王。
その実は、魔神皇と共にパーティーを組み、この世界を平定した女勇者で、以前は『ヒルダ』と呼ばれていた。
国を受け継ぐ時にユイゲン家の家督を継いでザビーネ4世を名乗り、ハイランダー(最高騎士)となる。

ある事情で力を失って(抑えて)いるが、本来なら大天使級(アークエンジェリック)冒険者であり、彼女に敵う者は片手の指で数える程度しかいないはずだった。

冒険者時代のあだ名でもあり、戴冠時にミドルネームにも用いられた『フォーチューナ』は、彼女の持つ神器の大剣の名(幸運剣)である。


キャラ説明通り、所謂ラスボスです。


リタまで全ての勇者を倒した後で登場します。
キャラクターのパラメータはすべて高水準。ほぼマックスです。
硬くて強くてスキル回復も早い!!
一言でいえば「ヤバい」です。



特殊能力もイヤらしいものが多いのが特徴。

NORMALでも使うマナドレインは大きなトラップチェインを作成している最中に間に合うか間に合わないかのギリギリで出されたりすると、チートテクの必殺セーブデータロードで対抗してしまいたくなる地味ながら精神ダメージの大きい技です。

また、HARDで使う絶対幸運圏も自信満々に敷設した画面いっぱいのトラップが突如宝箱に変わってしまう対処するのがとてもつらい……というか発生タイミングによっては必殺セーブデータロードが炸裂させかねない能力です。

ホーリーシールドは引っ掛かったトラップを無効化しつつ破壊しながら前進します。
過去作に宝箱から出現しましたが、今回はガード枚数が多いので厄介かも。
それでも他の能力に比べるとまだダメージは小さいのですが、それまで有効だった基本トラップでの勇者誘導すら効かなくなります。

複数置いているポータルの中途半端な順番のヤツを壊されたりすると頭が沸騰しそうになり、これもまた必殺技を炸裂させる羽目になりかねない危険な技です。(テストチーム談)

まだHARDを遊んでいる方はそれほどいらっしゃらないかと思いますのであらかじめ書いておきますが、テストチームが初めてHARDをクリアした時は大体14時間ぐらい掛かってます。

NORMALである程度のクリア実勢がないと攻略はなかなか難しいかもしれません。

ホッパーで罠を立体交差させたり、ポータルを多数設置してその順番を覚えておくのは必須レベルのテクニックです。
HARD挑戦前にもう一度経験者の意見としてこのブログの勇者側のキャラ説明を読み直すのも良いかもしれません。
というわけで腕に自信のある方はHARDモードクリア目指して頑張ってください!

PRACTICEのサクサク感はまた別のゲーム感覚なので、そこはお好みでお楽しみください。(^^)


それではコメントです。
ザビーネ役は椿なつめさんです。

   
(プレイヤーが表示されない方は、こちらからファイルをダウンロードいただけます)


作品紹介   :   2019/04/27 20:37   

 【大鎌のトラップダンジョン】勇者キャラ紹介Cリタ【ヴォイスコメント】
 


4人目の勇者はリタです。



●はにかみの司祭(プライシャイネス)「リタ」

『えっと、あのぉ……は、はずかしい』

生まれてすぐに神の力を授かった少女で、赤子の鳴き声で高位プリーストが唱える聖域(サンクチュアリ)と同等の効果を発揮した。
10歳で司祭の地位を与えられて神聖教会に秘匿されていたが、異神軍の出現で神罰(ワースオブゴッド)を発動させる門として神器「神隆の杭(ディバインパイル)」を授けられて、その力を解放。異界の穴を封じた。
その影響で力は失われたが、神器と強く結びついた影響で成長が止まり、神器の力で不死者や魔物に強い影響力を持つようになった。
極度の照れ屋で、人から話かけられるだけでテンパってしまうが、不思議とマリッカとは普通に会話ができる。

プリーステスのリタのパラメータの特徴はカテジナとは逆でATKが低くVITが高いことです。

前述の3人に比べVITが高いので同じような対処法ではダメージを与えるのが少々難しいかもしれません。

ただATKが低いのでモンスターを召喚して足止めをするのが比較的容易ですので、その間に大きいトラップチェインを組んで対処するのもひとつの方法でしょう。



特殊能力に関してですが、NORMALではターンアンデッドを使用してきます。

そして、リタのステージですが配置モンスターにアンデッドが多数居ます。
さらにSPゲージの回復がかなり速ので、チェインを組むのにもたついているとモンスターがいなくなてしまう可能性も。

また、使用する魔将に関しても死霊公ハディンを使うか使わないかという所で判断が求められます。

ハディンの召喚できるモンスターはほとんどがアンデッドです。
しかも魔将スキルの黄泉返りを使うことで他の魔将の倍の18体召喚することが可能です。
ですので、配置モンスターをターンアンデッドされる前に召喚モンスターを使ってSPゲージを削るという戦術が取れます。

さらに、ハディンのパッシブスキルは「トラップ先制攻撃時、モンスターの攻撃が全て不死属性になる」という能力です。
不死属性の攻撃は火属性状態以外の(無属性を含む)勇者に与えるダメージが増加します。
逆にハディンを使わない場合は配置モンスターとターンアンデッドは無視して召喚モンスターでダメージを与えるという、少々力押し的な戦術が可能ですね。

なお、ターンアンデッドはチェイン中は発動しないので慣れてくればターンアンデッドを唱えさせずに倒してしまうことも可能です。
ただし、HARDでこれをやると他の特殊能力が多発してしまいますので注意が必要です。
(テストプレイチーム談)


さてさて、地味に女王の除く勇者チーム最強説もあるリタを演じてくれたのは明里芽依さんです。

それではヴォイスコメントをどうぞ!


   
(プレイヤーが表示されない方は、こちらからファイルをダウンロードいただけます)


最後のキャラクター紹介は、女王ザビーネです。


作品紹介   :   2019/04/26 16:15   

 【大鎌のトラップダンジョン】勇者キャラ紹介Bカテジナ【ヴォイスコメント】
 


さて、本日紹介するのは3人目の勇者『カテジナ』です。





●叢生の魔術師(グロウィザード)『カテジナ』

「何事も焦りは禁物です」

植物研究者(プラントハンター)として名をはせた魔術師で、各地の自然災害の復興に尽力した。
生命の仕組みに詳しく、錬成や合成の魔術の研鑽を重ねて大魔術師の一人に数えられている。
多数のゴーレムを使役し、神器「天界樹の古杖(エルダースタッフ)」で森の大迷宮を作り上げて敵軍の侵攻を防いだ。
植物のごとく動じず温厚な性格だが、ややもすると慎重になりすぎて好機を逸することも。結果として相手を打ちのめすのではなく、諦めさせて勝利することが多くある。

多分、3人目になってそろそろゲームにも慣れた頃に登場するのがカテジナです。
このカテジナ、魔法使いで魔法の火力が強いため、ATK(攻撃力)がなんと5!
弱いモンスターだと一撃で倒してしまうので、モンスターを召喚して罠ストックを回復するプレイスタイルだとやっかいな敵になるかもしれません。

カテジナの特殊攻撃はこんな感じです。



NORMALから使用するテレポートはかなり厄介な能力です。

元居た場所から近距離に飛ぶので、罠チェインの再構築が上手くいかなかったりする場合もあります。

ただこのカテジナですが、前述のATKと違って、防御力であるVITが2と全勇者中最低となってます。

普段は壁職に守られながら戦うスタイルなのかな?
とはいっても、普通のモンスターたちが殴ったところで微動だにしません。
召喚トラップ強し!!

攻撃力が強く特殊能力が厄介で防御力が低いとなると、拙速覚悟で速攻で攻めるという攻略法が案外有効です。

テレポートされても良いように、余り長大なチェインを組むよりも中ぐらいのチェインで細かくダメージを稼いでさっさとアーマーブレイクを狙うという戦術もありかもしれません。



そしてカテジナの担当声優さんですが、森乃なんなさんです。
というわけで、森乃なんなさんのヴォイスコメントです。


   
(プレイヤーが表示されない方は、こちらからファイルをダウンロードいただけます)


明日はリタの紹介です。


作品紹介   :   2019/04/26 15:37   

 【大鎌のトラップダンジョン】発売開始です!
 




発売が始まりました!
1年かけて作ったトラップダンジョンの新作をぜひGWにお楽しみください!
自分でいうのもなんですが、けっこー遊べます!!




攻略   :   2019/04/26 07:50   

 【大鎌のトラップダンジョン】勇者キャラ紹介Aマリッカ【ヴォイスコメント】
 


本日より各ダウンロードサイトにて、PRACTICEモードの一部が遊べるシナリオ&プレイアブル体験版が配布されております(サイトによって更新時期に若干差があるようです)。

遊べるのはアストリアステージだけなのですが、製品版と内容は変わらないので、一足早めにトラップダンジョンを楽しみたいと思っている方は是非お試しください。

PRACTICEは特殊トラップや魔将スキル、勇者の特殊攻撃が無い替わりに、基本トラップが置き放題となってます。
NORMALやHARDに比べると戦略性の面では劣りますが、非常にサクサク進んである種の爽快感があるモードになってます。
また、操作やトラップの置き方の練習にもなります。
基本トラップ3つはキーボードを使った方が便利なので、慣れておくと攻略も楽になるかも。




では、次の勇者をご紹介しましょう。


アストリアを倒すと次に登場するのがマリッカです。


●本能な拳闘士(ワイルドファング)『マリッカ』

「私に触れることが出来るかにゃ?」

縦横無尽の動きから繰り出される打撃と、捉えることができない変則的な体術で数多の者を倒してきた獣人族の拳闘士。
天真爛漫で人懐こい性格をしているが、自分より強い相手を前にすると戦わずにいられないという厄介な一面がある。
カテジナと親しく、彼女が森の大迷宮を作る際に神器「雷迅奪輪(サンダースナッチャー)」を両手足首に装着し、大いに力を発揮した。
多くの獣人族が魔王の元で暮らしている中、彼女の部族はどちらの陣営にも属さず、森奥で暮らしている。
しかしどうしても人間のルールに馴染めず、好き勝手に行動してしまうのが難点。
そんな中でもリタとは相性が良いのか、なにかと世話を焼いてしまう。

彼女の特殊能力は下記の通りです。



マリッカの特徴は行動が素早いこと。
NORMAL以上の難易度では特にアクセラレーションを積極的に使用してきます。
アクセラレーション中はスピードが速くなるので、それを見越してトラップをしっかり設置する必要があります。
これに対応するためにはトラップを短時間でより多く設置できる能力が必要になります。

ゲーム中勇者をトラップに引っ掛けた回数やモンスターの戦闘で魔王が経験値を稼ぎレベルアップします。



その際、トラップストック回復時間が短くなる『チャージ短縮』を上げるか、ストック数を増やす『ストック増加』を上げるかはプレイヤーの戦術やゲームの難易度によって変わってきますので自分に合った成長のさせ方でクリアを目指しましょう。
ただ、開発チーム内でもチャージ短縮派とストック増加派に分かれてましたので正解はないのかもしれませんネ。


それでは、声優コメントです。

今回はマリッカ役の潮谷篭愛さんです。
   
(プレイヤーが表示されない方は、こちらからファイルをダウンロードいただけます)





攻略   :   2019/04/25 22:38   

 ●以前の記事

Powered by -PAWGES- V0.2.2α